ある高度以上の x = 0 - 256 km の湿度をゼロにした計算の考察用の図ページ

概要

変更点

基本場

初期条件

物理過程

実験設定

計算結果

高度 4 以上の半域湿度ゼロ
トータルの水蒸気の基本場

計算時間中ごろのトータルの水蒸気分布

t = 8400 sec - 14400 sec で時間平均した水蒸気混合比の擾乱成分

t = 8400 sec - 14400 sec で時間平均したトータルの水蒸気混合比

x = 0 - 256 km (乾いた領域) の初期に起こった雲水擾乱 t = 8400 sec - 12000 sec で時間平均している



x = 0 - 256 km (乾いた領域) の初期に起こった水蒸気擾乱 t = 8400 sec - 12000 sec で時間平均している



x = 256 - 512 km (湿った領域) の初期に起こった雲水擾乱 t = 8400 sec - 14400 sec で時間平均している



x = 256 - 512 km (湿った領域) の初期に起こった水蒸気擾乱 t = 8400 sec - 14400 sec で時間平均している



z = 5125 m, t = 0 - 130000 sec の雲水擾乱の x-t 断面

t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均した水蒸気混合比の擾乱成分

t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均したトータルの水蒸気混合比

x = 250 km 付近の風速ベクトルと水蒸気擾乱の分布 t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均している



x = 0 km 付近の風速ベクトルと水蒸気擾乱の分布 t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均している



x = 500 km 付近の風速ベクトルと水蒸気擾乱の分布 t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均している



高度 3 以上の半域湿度ゼロ
トータルの水蒸気の基本場

計算時間中ごろのトータルの水蒸気分布

t = 3600 sec - 9600 sec で時間平均した水蒸気混合比の擾乱成分

t = 3600 sec - 9600 sec で時間平均したトータルの水蒸気混合比

x = 0 - 256 km (湿った領域) の初期に起こった雲水擾乱 t = 3600 sec - 9600 sec で時間平均している



x = 0 - 256 km (湿った領域) の初期に起こった水蒸気擾乱 t = 3600 sec - 9600 sec で時間平均している



x = 256 - 512 km (乾いた領域) の初期に起こった雲水擾乱 t = 3600 sec - 9600 sec で時間平均している



x = 256 - 512 km (乾いた領域) の初期に起こった水蒸気擾乱 t = 3600 sec - 9600 sec で時間平均している



z = 5125 m, t = 0 - 130000 sec の雲水擾乱の x-t 断面

t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均した水蒸気混合比の擾乱成分

t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均したトータルの水蒸気混合比

x = 250 km 付近の風速ベクトルと水蒸気擾乱の分布 t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均している



x = 0 km 付近の風速ベクトルと水蒸気擾乱の分布 t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均している



x = 500 km 付近の風速ベクトルと水蒸気擾乱の分布 t = 15000 sec - 30000 sec で時間平均している



                             

This page is generated by thum-src/dcmodel-thum-make.rb and thum-src/index.txt (2011/01/23 13:08:47 sekki)
dcmodel-thum.rb [Script | Doc | Sample] is provided by dcmodel project in GFD Dennou Club
Copyright © GFD Dennou Club 2011